私は結婚を意識した婚活をした際に、3つの行動を控えるべきことに気づきました。それをあなたにお教えしましょう!

まず一つ目は結婚を焦らすような言動を頻繁にしない。男性は結婚にかなりの責任を抱くので、結婚を決める際には覚悟を決める男性なりのタイミングがあると思います。それは経済的事情やその時の生活環境で変わってくるでしょうから、男性側のタイミングを考慮せずに女性側からの一方的な結婚話を頻繁にされてしまうのは苦痛と思います。

なので結婚を焦らすのではなく、男性の結婚に対する不安などを取り除くことがいいと思います。たとえば男性の結婚に対する不安を聞きそれを取り除けるよう話し合うことや、仕事が忙しくて結婚のことが考えられなくなっているのなら仕事が落ち着くまで様子をみるなどです。

二つ目は相手の仕事をけなしたり、口出ししたりしない。今後将来を共にしていく相手の仕事については非常に気になりますし、心配になり口出ししてしまうこともあると思います。ただ男性は仕事に対するプライドが高いので必要以上に言うことは控えたほうがいいと思います。

仕事の悩みなどもなかなか口に出さない男性もいると思いますが、さりげなく仕事の様子を聞いて同調してあげるだけで安心すると思います。自分も以前は相手の仕事の悩みに対してどうにか解決してあげようとアドバイスをしていましたが、実際解決するのは自分ではなく相手なのですから聞いてあげることに意味があるのだと思いました。

最後にほかの男性との交流は極力控える、嫉妬させる行為もしないことです。これは男性によって程度が変わってくると思いますが、相手が不安に思うような行動は少しでも控えたほうがいいと思います。駆け引きをするのは彼氏彼女までで、結婚は安心感を持たせることが一番大事だと思います。相手にほかの異性の影を感じている状況で結婚は考えられないと思います。

自分も男性と二人きりで会わないようにしたり、男性が参加する飲み会に出る場合はきちんと報告してあまり遅くならないようにしていました。